(我が家の猫・マロンスキー)

 

生年月日:1975年12月17日

出生地 :兵庫県加古川市                                  

学歴:加古川市立氷丘小学校卒

   加古川市立氷丘中学校卒

   兵庫県立農業高等学校食品加工科卒

   神戸ルーテル聖書学院一年課程卒

   神戸ルーテル神学校卒

職歴:三菱製紙(株)高砂工場抄紙課勤務(94年4月~97年3月)

   蒜山バイブルキャンプ伝道実習(98年4月~2000年3月)

   荒島福音ルーテル教会(2003年7月~2013年4月)

   加古川福音ルーテル教会(2013年4月~現在)

家族:妻と中2、小3、5歳の三姉妹と雌猫(マロンスキー)(くろみつ)の五人家族

趣味:温泉、料理、ケーキ作りなど・・・

 

証し
「なぜ、この道を?」
~邦人教職者の召命の証~
                                                            加古川福音ルーテル教会
                                                            牧師 岡﨑 茂
「あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように、また、主イエス御自身が『受けるよりは与える方が幸いである』と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。」使徒20章35節

1.なぜこの道を?
 子どもの頃から漠然と人のために何かをしたいという気持ちをもっていました。学級委員長や掃除係などを率先してしていました。生徒会長に立候補なんかもした記憶があります。自分に何が出来るか、人のために何ができるかを考えている心の中には、三兄弟の末っ子であまりかまってもらえない、愛してもらえないと思っていました。その寂しい気持ちが自分を認めてほしいという気持ちになり、それが、人のために何かしたいという思いへとなったのではないかと思います。その中で、教会に導かれ、主イエスさまと出会い、神の愛を知りました。主から召命を受けて、いま、主の道を歩まされていただいています。

2.どのように、この道を進んだか
 小学4年生の時、教会学校のクリスマス会のチラシを見てプレゼントをもらいに行くために、家のすぐ近くにあった加古川福音ルーテル教会に始めて行きました。そこで、讃美歌を歌い、クリスマスのメッセージを聞き、プレゼントをもらって楽しい一時でした。その時に何か変わらない温かさ、また来たいという思いになりました。

 ここには何かあると思い教会学校に通うようになりました。不思議とすぐに神さまの存在を知り、すぐに信じました。家で、毎日の仏壇にお供えをすることがいやになり、「偶像礼拝になるからでけへん」と反発したことを覚えています。毎年の蒜山バイブルキャンプの小学生キャンプ、中高生キャンプに行き、そこで、神さまのために働きたいと決心をしました。中学3年生の夏に、正木牧人牧師より洗礼を受けました。その時に証で、「僕は牧師になります。」と表明をしました。(証しの原稿も教籍簿に残っていました。)

 この神さまとの約束が、どうしても心からは離れず、私の人生の中心となっていつも問いかけられました。
 熱い気持ちをもって毎週、礼拝に出席し信仰生活を始めました。しかし、高校に入学してから大きく変わりました。あまりにも学校はおもしろくなく、人間関係につまずき、教会につまずき、生きるのにつまずき、何のために生きてるかわからなくなりました。学校に行かず、その気持ちを紛らわすように、いろんなことに手を出しました。(内容は想像にお任せします。)でも、ひとりよがりですが、信仰はもっていました。イエスさまを信じている。「イエスさまが信じてるからいつ死んでもええわ」とか思っていました。
 しかし、春と夏の中高生キャンプに行くたびに、自分の愚かさに気づかされて悔い改めて教会に戻りました。その繰り返しの中で、主の声を聞き、これじゃいけない、自分はこの道を歩むんだという気持ちが不思議と高まってきました。
 高校卒業後、お金を貯めるために三菱製紙株式会社に就職し、トレーシングペーパーという紙を作っていました。結果的に紙を作る者から神を伝える者へと転職したのですが・・・。
 その年の中高生キャンプの奉仕で『受けるよりは与える方が幸いである』の御言葉を受け取って献身を決意しました。すぐにでも献身しようと思いましたが、阪神淡路大震災が起こり、すぐにならず、親の反対もあり、3年間働いて退職しました。親はそのうちにあきらめるだろうと思っていたようです。

 会社を辞めた当時は、もう帰ってくるなと勘当されました。しかし、いまは理解してくれています。家族の救いのために祈りに覚えています。
 97年に神戸ルーテル聖書学院に入学しました。卒業後、2年間、蒜山バイブルキャンプで伝道実習をしました。そこで、電動草刈り器を動かしながら、「伝道って何やろ?この電動と違うねんけどな」と突っ込みながらが、自分自身の召命を見つめ直しました。

 そして、2000年に神戸ルーテル神学校で入学、2003年7月より荒島福音ルーテル教会で働きを初め、約10年間伝道牧会をさせていただきました。2013年4月より、母教会である加古川福音ルーテル教会で牧師として働きをしています。

3.主の導きによって 
 自分自身の性格や賜物を見ると、足らない所ばかりで牧師をしていてもいいのかと思います。いろんな職種のバイトをとおして、そこそこスキルは持っているので、大概のこと出来ると思います。「何で、牧師さんをしてるの?いろいろ出来るから他のことした方が儲かるのに」と言われることもよくあります。
 また、時折、牧会に悩んでいるとき、妻から「いつでもやめてもいいよ」と言われることあります。しかし、やめようとは思ったことはありません。なぜなら、主の召しだからです。初めて教会に行ったときに「ここには何かある、それを知りたい」と感じました。その気持ちが、私の信仰の始まりであり、主の道の始まりです。中高生の時、キャンプで出会った友がこぞって献身すると決心をしました。

 しかし、彼らのほとんどが教会を離れていってしまいました。その中のひとりに入るようないい加減な者を、神さまが召してくださいました。受洗の時の約束に主が答えて導いてくださったと確信しています。
 子どもの頃からの人のために何かをしたいという思いが、「神に仕え、人に仕える」という牧師として召してくださった神様に感謝をしつつ、これからのこの主の道を歩んで行きたいと願います。